運動、エクササイズなしではわき腹は引き締まらない!

基礎代謝と筋肉とは?ダイエット、わき腹ダイエットの運動にどう関係しているのか?
運動をすることで筋肉量が増えます。その結果基礎代謝量も増加するため、摂取したエネルギーや蓄積した脂肪が燃えやすいカラダになります。
基礎代謝=基本エネルギー・・生きていくために最低限必要な生命活動、つまり内臓を動かしたり体温を維持するなどに使われるエネルギーのことです。

1日の総消費消費エネルギー=基礎代謝(約70%)+生活活動代謝(約30%)

エネルギー消費が多い筋肉を鍛えて筋肉量を増やすことで基礎代謝量が増え、太りにくく痩せやすいカラダになります。

筋肉には「速筋(白筋)」と「遅筋(赤筋)」という2種類あり、それぞれの機能が異なります。
ダイエッターにオススメなのは、ゆっくりと収縮して脂肪を燃やす遅筋(脂肪をエネルギーとし、ゆっくり収縮する筋肉で、持久力が必要な時に使われる)を鍛える運動です。

〜脂肪を燃やす遅筋を鍛えるために、以下の2点を満たした運動をしましょう!〜
1.低重量(弱い負荷)の運動を高回数行う⇒筋肉の軽い緊張状態を持続させることで、遅筋をより働かせる効果がある。
2.有酸素運動を20分以上行う⇒脂肪を、筋肉で分解できる「脂肪酸」に分解するためには酸素が必要。また脂肪酸の分解には20〜30分かかり、その後筋肉が脂肪酸を燃やすので、20分以上の持続が必要となる。

代表的な有酸素運動はウォーキングですね。急に激しい運動をすると、疲れてしまい続けることがおっくうになってしまう恐れもあります。

〜脂肪燃焼メカニズムを知っておくとわき腹ダイエットもさらに楽しくなります!〜

●活動エネルギーが必要な状態(有酸素運動など)となり

●脳が脂肪を分解してエネルギーを生成するよう命令を出します

●ノルアドレナリンやアドレナリンなどの「脂肪動員ホルモン(アデポキネチックホルモン)」が分泌されます

●脂肪を分解する酵素「リパーゼ」が活性化

●脂肪が分解され、グリセロールと遊離脂肪酸となり血液中に放出される

●全身の筋肉で脂肪酸がエネルギーとして燃焼される

せっかく脂肪が遊離脂肪酸に分解されても、燃焼できなければ再び脂肪へと戻ってしまいます。
分解した遊離脂肪酸を燃焼するためには、一定時間以上の運動が必要だということをしっかり覚えておきましょう。

〜有酸素運動に無酸素運動をプラスすることで、わき腹を集中的にダイエット〜

無酸素運動とは、組織におけるエネルギー産生方法が無酸素的であるということ。
有酸素運動が20分以上かけて持続するマラソンと例えるなら、無酸素運動は短距離走。
筋肉トレーニングで例えると、腹筋、背筋、腕立て伏せ、スクワット・・・というような運動です。

わき腹ダイエットを主に、部位的集中して痩せたい!!と、言う場合は、ウォーキングやジョギングの有酸素運動(20分以上)+腹筋をした方がより効果が期待できます。

嫌にならない程度に、筋肉痛の時は無理をせず体を休ませて上げながら、心から楽しんでダイエットに励む事が一番ですね!

カロリーは難しく考えずシンプルに控えましょう!

カロリーの計算、調整、コントロールって結構大変。
おかずのカロリー、飲み物のカロリー、外食のカロリーとか
我々素人では、正確に計算するのは難しいですよね。

ダイエットだけでも気合が入り、精神的、肉体的にも大変な時
なのに、やったこともない慣れない作業をすると、続くものも
続かなくなってしまいます。

カロリーを簡単に控えたい!極端な食事制限は健康、美容にも
良くないです。まずは「ご飯を控える」「白米を減らす」。
この食事方法は簡単に、誰でも、今日から、ランチから、夕飯から
できちゃいます。

ただし・・・日本人の私たちに、白米を食べないという作業は
結構きついです。完全に抜くのでなくて減らす方法もありますよね。
栄養バランスのよい「玄米、雑穀米」などに変えてみることもOK!!
玄米は栄養がたっぷりで、食べる時は良く噛まなくてはいけません。
これで、満腹感もゲット、栄養もゲット!!お通じも良くなります。

カロリーを抑える食事法のいくつかをご紹介
●ポテトサラダやひき肉料理にはおからを入れる
●お味噌汁や味噌を使う料理にぬかを混ぜる
●海藻類やきのこ類を増やす等
●玄米ご飯だけでは飽きる場合もあるので十穀米を混ぜる
●普通に食べてご飯だけ減らす
●食事前に豆乳ドリンクや低カロリーの飲み物を飲む
などなど、小さな工夫がコツコツ続くと、成功へと結びつくようです。

高カロリーの揚げ物ですが、無性に食べたくなることがあります。
でも、我慢!?と、ストレス抱えてしまっていませんか?
揚げ物も調理の仕方で、カロリーオフです。
●パン粉に少量の油を入れてよく混ぜ、耐熱皿にいれます。
レンジで茶色っぽくなるまで温め、そのパン粉と小麦粉を卵を
くぐらせた材料につけ、オーブンで焼く。
揚げたように見えますが、カロリーはかなりダウンできます。

それから、ダイエットと言えば野菜、サラダ、温野菜サラダなどが
定番のメニュー又は食材になりやすいです。
わき腹ダイエットのために、ダイエットのために
サラダの上手な接し方、サラダの上手な食べ方をいくつか紹介します。

オイルを使うサラダドレッシング、カロリー高いと避けてませんか?
低カロリーなうえにビタミン、ミネラルたっぷりの野菜を使った
サラダは、わき腹ダイエット中の頼もしい存在。
そこで、サラダのエネルギーの主役ともいえるドレッシングの
かしこいとり方をマスターしましょう!
ドレッシング=油=太ると敬遠されがち。・・・ですが、
脂質は私たちの体になくてはならない栄養素なのです。適量を
おいしく楽しむコツを身につけ、わき腹ダイエット成功への近道!

最後に、ローファットとノーファットですが
ノーファットは栄養面やホルモンのことなどを考えると
あまりおすすめできません。ビタミンA、E、Dは脂質に溶けて
吸収されますので、脂質を省きすぎても逆効果になってしまいます。

気をつけましょう!!!

リラックスでダイエットのイライラとバイバイ♪

ダイエット、わき腹ダイエットがツラいと、ついイライラしたり元気が出なかったり…。
そのせいなのか、ダイエット、わき腹ダイエットを断念してしまったりしてしまいがち。
女性の場合は、女性ホルモンのバランスともうまく付き合わなくては
いけないようです。ホルモンバランスが悪い時もダイエット中も、
なるべく落ち着いた気持ちで、リラックスして過ごしたいですよね。
ここでは、イライラやむくみ、寝不足を抑えてくれるリラックス方法
についてご紹介します。

★アロマセラピー、アロママッサージ、ハーブでリラックス効果期待
※アロマ、ハーブは、妊娠中の方には禁忌のものがあります。妊娠中の方は医師と相談、確認を取ってから使用しましょう。

ダイエット効果のあるハーブ
●スィートフェンネル
 甘い花のような香り。セルライトやむくみを解消してくれます。ま  た、ホルモン分泌を整え、生理不順やPMSにも効果があります。
●グレープフルーツ
 苦味のあるさわやかな香り。脂肪を燃焼させる、水分や老廃物の排出 などに効果があります。

気持ちを落ち着かせてくれるアロマとハーブ
●シダ−ウッド
 森林浴をしているような、ウッディな香り。緊張をやわらげてくれま す。抗菌効果や、皮脂の分泌を抑える効果もあります。
●ラベンダー
 ちょっと甘くてさわやかな香り。疲れを癒したり、イライラする気持 ちを鎮めて気持ちを落ち着かせてくれます。
●クラリセージ
 ほんのり甘くて香ばしい香り。落ち込んだ心を癒してくれます。ま  た、子宮強壮作用があり、生理痛やPMSを和らげてくれます。
●ゼラニウム
 甘くてローズ系の香り。心と体のバランスを整えてくえます。また皮 脂分泌をを抑えたり、PMSの解消にも役立ちます。
●ジャスミン
 スパイシーでエキゾチックな香り。落ち込んだ気持ちを高揚させてく れます。また、ホルモンの分泌バランスを整える働きもあります。
●ローズウッド
 フローラルでウッディな香り。緊張を和らげ、疲れを取ってくれます 。また、頭痛をやわらげる効果があります。
●サイプレス
 松の香りのようなウッディな香り。生理不順を解消する効果もありま す。

自分の体調、疲れ具合、心が求めるアロマオイルを使用し、わき腹ダイエットの疲れ、ストレスを和らげてあげるといいでしょう。


★お風呂でリラックス
 お風呂は、疲れた心と体をほぐしてくれる場所。
 バスタイムを快適にして、イライラした心を落ち着けたり、ぐっすり 眠れる体を作りましょう!

リラックスする入浴法
●温度・・40度以上のお湯は交感神経が活発になり体が活動的になりま す。38度程度のぬるめのお湯が、体を休ませる副交感神経に働きかけ ますので、リラックスしたい時はぬるめのお湯につかりましょう。

●半身浴・・おへそのちょっと上、みぞおちくらいまでお湯に浸かるの が、半身浴の目安。

●匂い・・ほんの1滴のアロマオイルでも、浴室は香りでいっぱいに。こ のときのアロマオイル選びは、リラックスをテーマに選ぶといいでし ょう。

●時間・・ぐっすり眠りたいなら、就寝の1時間〜3時間くらい前に、ぬ るめのお湯に20〜30分間浸かるのが効果的です。また、運動直後の入 浴は、血圧が急に上がってしまいます。注意が必要です。

ダイエット、わき腹ダイエットは効果がでるまで時間がかかります。
が、時間をかけゆっくりでも確実に、丁寧運動、エクササイズをして
素敵なBodyを手に入れましょう。

ダイエット=運動、エクササイズですが
今回紹介した、アロマ、アロママッサージ、入浴法などを取り入れて
張った筋肉、気の張った自分をリラックスさせて上げましょう。

リバウンドしないようにゆっくりとこなしていく事が重要です。

このほかにも リンパトレナージュ、デトックスなどを取り入れると
よりナイスボディ、ナイスわき腹に近づけると思います。

男性も割れた腹筋に憧れ、がむしゃらにダイエットするだけでなく
こういうリラックス方法も取り入れてみてはいかがでしょうか?

アロマ、アロママッサージ、リンパトレナージュはリラックス、むくみ
解消でかなり体の調子が良くなります。
お試しあれ。

わき腹ダイエット 誘惑に負けず目標に向かって!

わき腹ダイエットをしているとき、一番ツラいことってなんですか?
我慢すること、誘惑に負けないように、目標を立ててはじめはゆっくりとあせらずジワジワとくる効果に意識を向けて見ましょう!
食事内容や食習慣などを見直して「痩せる」ための食事を実践することがダイエットには必要だとわかっていても、やっぱりカラダもココロもツラい…。
辛いけどツライのは私だけじゃない!みんな悩んでるし、わき腹ダイエットを成功して、かっこよく洋服、水着を着こなしたい!

誘惑に勝つぞ!と、力まずに体にいいんだなぁ、お肌にいいんだなぁ・・・と、自分が美しくなるイメージをどんどん想像してください。何度も言いますが、楽しみながら健康的にわき腹ダイエットです。

わき腹ダイエットを成功させるために、いくつか覚えておくと、自然とリズムがとれて誘惑へは自分から「バイバイ」です。
★食事の時に気をつけたいこと、カロリーを抑えるダイエッター★
・食生活を改善
・生活習慣を改善
・炭水化物を減らす
・寒天、こんにゃく、野菜を中心に食べる
この他、飲み物、食材、調味料のカロリーを抑えたり、油をカット、油(揚げ物)を控えるなど。

★楽しみながら食事をしましょう!楽しむ→満足する→お腹も心も満たされる!★
・食事の時間を楽しみましょう
・食べたいものを少量食べる
・汁物でお腹を膨らませる
・食前に低カロリー食、水などを飲む
外食は日本食やオーガニックな食材を利用するカフェ、良く噛み、盛り付けの美しさで目を楽しませたりも。

★空腹をまぎらわせる。甘いものを控えるコツ★
・チョコ、キャンディー、ガムを食べる
・飲み物でごまかす
・気分転換をする
・3食しっかりバランスよく食事する
・お菓子や、間食用の買い置きをしない
・少量をタイミングよく食べる
歯みがきをする、夜だと、お腹がすいたら寝るという方法もあります。働きづめの胃腸を休ませてあげるにもいいかもしれません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。